45日全額返金保証の実際の返金額とメリット

ポリピュアの全額返金制度の説明の紙

育毛剤業界では全額返金保証を適用している会社がほとんどです。 最近では靴のECサイトであるロコンドが、靴を履いてもサイズが合わなければ返品OKという事を打ち出していますが、それ以外色々な業界を見渡しても返品をよしとしているものを探す方が珍しいですよね。

しかし、育毛剤業界に限れば、全額返金保証を適応していない会社を探す方が難しいくらい、どの会社も”とりあえず”全額保証制度が付いています。 高額な商品でありながら、効果がすぐに実感できない育毛剤ということから、無料お試し期間を設けていただかないと「怖くてなかなか購入に踏み出せない」というユーザー心理をよく理解してくれている制度だと思います。ポリピュアも同じように全額返金保証を採用しており、まずその内容を簡単に見ると、

  • 商品到着後45日間。
  • 返品するときはフリーダイヤルに電話し、使用済みの容器と名前・振込先(本人名義)を書いた紙を送る。定形外郵便でも可能。
  • 返品商品が到着した後、2週間程度で銀行口座に振込がされる

実はポリピュアの全額返金保証は、よくよく調べて見ると他の育毛剤に比べて優れているなと感じるポイントがいくつかあります。まずは他の育毛剤の全額返金保証と比べながらポリピュアのシステムについて詳しく見ていきたいと思います。

全額返金保証を採用している育毛剤とくらべてみる

  返金期間 振込手数料
(概ね200円前後と推測)
他手数料 返品時の必要物
ポリピュア 商品到着後45日以内
メーカー負担
なし 使用中ボトル
本人情報、振込先
チャップアップ 商品注文後30日以内 ×
購入者負担
事務手数料1,000円
返金時に注文時の送料を差し引き
使用中ボトル
本人情報、振込先
納品書
育毛保証書
ナノインパクトプラス 商品到着後30日以内 ×
購入者負担
なし
※返送後、別途返金依頼書の送付が必要
使用中ボトル
本人情報、振込先
納品書
送付時のダンボール
BUBKA 商品到着後30日以内 ×
購入者負担
返金時に注文時の送料648円を差し引き 使用中ボトル
本人情報、振込先
納品書
M−1ミスト 商品到着後1ヶ月以内
メーカー負担
なし 使用中ボトル
本人情報、振込先

基本的にサイトに記載されている内容よりまとめてみたのですが、まず、どこも完全にすべての購入費用が返ってくるわけではありません。前提として使用済みの育毛剤の容器を返品しなければならないので、その時の送料は負担しなければなりません。

また、会社によっては商品到着時に入っている明細書やダンボールも必要ですので、捨ててしまったらもう適用されません。総合すると、ポリピュアとM-1ミストはそのハードルが低く、返品時の送料以外費用はかからないので、限りなく全額返金制度という名に近い条件になりますね。特にポリピュアは、返送時も、宅急便ではなく、定形外郵便でも可能なので、送料もがんばれば200円弱くらいと、かなり少ない費用で送り返すことが可能です。

例えばポリピュア定期購入コースで購入したとすると、
商品代金(6,800円)- 返品時の送料(200円)=返金額6600円です。
振込手数料も事務手数料も0円なので、自己負担率は3%弱です。これが手数料のかかる育毛剤だと、もろもろ手数料を合わせて1000円~3000円弱は負担しなければいけないですから、驚異的な低さがおわかりいただけると思います。

たった15日期間が伸びただけでも試用の感触は全く違う

もうひとつ、 他の育毛剤よりも15日間長い45日間の期間にも触れておきましょう。さすがにこの期間内で効果のありなしを確かめることは難しいと思いますが、使用感や、自分の生活に取り込めるかを考えた時には、なるべくじっくり試したいものですね。

考えてみれば、商品到着後すぐに使い始めることができれば30日間フルで試せますが、今までの生活のリズムがあるので、いきなり朝晩2回つける習慣をつけることはなかなかすぐに難しいのではないでしょうか?また、チャップアップは、商品発送後から30日間になり、配送中の数日間もカウントされるので、実質的な試用期間はさらに短くなりますね。

その点ポリピュアは、1ヶ月という時間にあくせくすることなく、ほかよりも1.5倍長い時間でじっくり試せるメリットがあります。もちろん、他の育毛剤の使用目安が概ね1ヶ月に対して、ポリピュアは2ヶ月使う事ができる商品性もありますが、たとえ最初に生活のリズムに載せられなくても徐々に育毛剤の習慣を入れていく中で、約6週間のタイムラグはかなりじっくりトライできる時間になると思います。私は当然使い続けているので、全額返金保証は利用していませんが、ポリピュアの「まず試してほしい」というスタンスが伝わってきて好印象を持つポイントのひとつですね。