ポリピュアと同じジェットスプレー型のチャップアップを比較

ポリピュアexの内容物一覧

「チャップアップ」と検索すれば、 「チャップアップをやめた理由」とか「効果がない」とか怪しげなサイトがでてきたり、 口コミサイトをみれば「薬事法違反」だの色々なコメントが出てくるなど、いろんな意味でアツい育毛剤であるチャップアップ。

その一方で、 公式ページをみれば満足度97%、Yahoo!ショピング育毛剤ランキング1位なんて文言があったり、 「1日1000人以上がチャップアップの使用をスタート」と書かれていたりするので、 人気な育毛剤の一つであることに間違いはなさそうです。ポリピュアより値段は少し高いですが、効果が見込めるのであれば手に入れても十分な金額感ですよね。 そこで、ポリピュアとチャップアップについて私独自の観点から比較してみます。

配合されている成分数はチャップアップがダントツで多いのだが…

まず、チャップアップのメイン成分はBUBKAにも配合されている昆布から抽出されたというM-034(リニューアル後はM-034ではなく海藻エキス(1))。 ポリピュアはバイオポリリン酸という成分が主成分になるのですが、まずこの2つを比較してみます。 (《VS BUBKA》ページでも記述しておりますが)

チャップアップ=M-034+育毛成分がてんこ盛り

チャップアップもBUBKA同様、株式会社天真堂という化粧品OEM会社の「薬用ソブール08」をベースにしています。 最初はこのソブール08をそのまま名前だけ変えて売っていたのですが。2015年にリニューアルされM-034推しではなく成分数押しの育毛剤に変身していました! M-034では同じBUBKAに勝てないと判断したのでしょう。 M-034という表記はサイトからもなくなり、海藻エキス(1)と名前を変え、髪の毛を生やす為の成分と、髪の毛が抜ける原因となるマイナスを防ぐ為の成分が合計で44種類配合している育毛剤になりました。配合されている成分は以下の通りです。

  • 髪の毛を生やす為のプラスとなる成分
    血流改善を目的とした成分:12種類
    保湿、バリア機能正常化等頭皮環境を整える成分:10種類
    髪の毛を生成するアミノ酸成分:13種類
  • 髪の毛が抜ける原因となるマイナスを防ぐ成分
    頭皮劣化要因の一つである糖化の予防成分:3種類
    抜け毛の原因の一つである皮脂の過剰分泌予防成分:2種類
    抜け毛の原因の一つである5αリダクターゼの生成抑制成分:4種類

BUBKAに勝てないとはいえ「もう少しM-034を押していてもいいのに」と思いましたが、育毛有効成分がモリモリ入っていますという方が確かに育毛剤素人の方にはわかりやすいのかもしれませんね。チャップアップの潔さを感じました。

ポリピュア=バイオポリリン酸+有効な成分13種類

主成分であるバイオポリリン酸は、 「毛根にある育毛に対して効果的なFGFというタンパク質を活発にすることで毛が生えることを促す」という育毛ロジックを実現している成分であり、これの製造に対して特許が取得されています。 では、その他の成分は?という事で、バイオポリリン酸以外の成分を調べてみました。

  • 髪の毛を生やす為のプラスとなる成分
    血流改善を目的とした成分:2種類
    保湿、バリア機能正常化等頭皮環境を整える成分:2種類
    髪の毛を生成するアミノ酸成分:2種類
  • 髪の毛が抜ける原因となるマイナスを防ぐ成分
    頭皮劣化要因の一つである糖化の予防成分:1種類
    抜け毛の原因の一つである皮脂の過剰分泌予防成分:1種類
    抜け毛の原因の一つである5αリダクターゼの生成抑制成分:2種類
  • 商品の鮮度を保つ成分
    殺菌、消毒効果のある成分:4種類

数だけみれば、「チャップアップに軍配!」と言いたい所ですが、 ポリピュアの方は、バイオポリリン酸は、アミノ酸やミネラル、ビタミンなど育毛有効成分を一緒に含んでいる為、カウントとしては1種類ですが、その中に多数の成分を含んでおります。 そう考えると実数値としては、どちらが上かは判断をしかねるという感じですね。。

また気になるのは成分の濃度、つまりそれぞれどれくらい入っているかということです。詳しいことは開示されていないためわかりませんが、ポリピュアの4倍近いの成分数が含まれているチャップアップは、単純に考えても1成分あたりの配合量が少なくなっていることは明らかですね。薬にも一回の配合量をきちんと飲まないと効くわけはありませんよね。たくさん含まれているからといってそれぞれが薄ければ結局水と同じなのでは?と思うのは私だけでしょうか?

医師の信頼性でポリピュアとチャップアップを比較する。

では、その効果の裏付けデータは信頼できるものなのか?というのがポイントになります。
ポリピュアの主成分であるバイオポリリン酸の成分開発研究者として商品にお墨付きを出しているのが、世界初のポリリン酸をメインテーマとする研究者である柴 肇一(しば としかず)氏。ポリピュアの特許ページでも、特許取得者の欄に名前もきっちり掲載されています。 柴 肇一(しば としかず)氏のオフィシャルサイト(http://www.polyp-research.com/)には、ポリリン酸に関する特許を証明する内容が10以上あり、50以上の論文も確認できます。結論的に、疑い様もない開発研究者であり、それなりに信用できるといっていいと思います。

ではチャップアップを公式ページ内でお勧めしているように見える松山 淳先生と、千代倉 友博先生の言説は信頼していいのか?ということで、チャップアップをお勧めしている2人の医師について調べてみました。

千代倉 友博先生はチャップアップを勧めているわけではなかった

サイト内にて、大井町皮フ科形成外科院長の千代倉 友博先生がお勧めしている感じで紹介されていました。 が、その内容をよくよく読んでみると、千代倉 友博先生に関しては「チャップアップがいい育毛剤!」というお勧め的な事ではなく、 男性型脱毛の原因を解説し、それに対する日常の習慣の改善方法を伝えているだけでチャップアップがいいとは一言も書いてありませんでした。 しっかり内容を読まないとわからないですね。。 ですので、千代倉 友博先生に関しては、チャップアップ自体をお勧めしていないという事なります。

松山淳先生は別のページで育毛剤そのものを否定している

続いて、松山医師。
松山医師のバストアップ写真から吹き出しで、「優秀な成分を含む高品質の育毛剤であることは間違いありません」という表記をされています。 かなり言い切ってますのでチャップアップを進めていることには間違いありません。

しかし興味深い点が一つ。 チャップアップのことを「高品質だ!」と紹介しておきながら、日本臨床医学発毛協会のインタビューページの中では、”市販の育毛剤や自分の体質に合わないケア用品の使用など、間違ったケア方法を行うと十分発毛の力を活かせないのです。”とコメントしています。チャップアップって市販の育毛剤ですよねww 「市販の育毛剤を使うのではなくまずは病院に行って処方してもらいましょう」という理念のもとに動いている一方で、高品質な育毛剤としてチャップアップを紹介していらっしゃいます。その時のチャップアップが出ていなかったかもしれませんが、せめてどちらかの言説にしていただきたいなと思いました。

ジェットノズルの噴射力でポリピュアとチャップアップを比較する。

ポリピュアはなせ?業界最強の噴射力を誇っているのか?ページでも紹介していますが、 業界でも最高ランクの発射力を誇っていると思います。一番最初に使う時は「おお!」と声が漏れてしまうくらいですからねw

しかし、実はチャップアップもリニューアルをしてポリピュアに匹敵するほどの発射力がありました。 正直、使った感覚では同レベル! そこで、どちらが発射力として優れているのかを比較してみます。

チャップアップの噴射力について

チャップアップは元々スプレー式だったのですが、リニューアルによって強烈な噴射式にリニューアルされました。 明確にいつリニューアルされたかはわかりませんが、 2015年6月に再度購入した時には、噴射式に変更されていました。 狙いたいところに寸分の狂いもなく吹き付けられるので、 スプレー方式だった時よりも気になるところに塗布しやすくなったと思います。

ポリピュアとチャップアップの噴射力対決

使用感では正直わからず、どちらが最強か?という判断がつかなかったので、 明確に数値化できる様な競技を考えてみました。 20プッシュしてどちらが遠くまで育毛剤が飛ぶか?という競技ですw(大真面目)

早速ですが、結果はこちらでした。 白熱したバトルでしたが、ポリピュアの平均値は380cm~410cm、チャップアップの平均値は350cm~380cmでした。 どちらも3Mを超えるほどの威力ではありましたが、ポリピュアの発射力にはチャップアップは叶わなかったですね。 両方ともプッシュの力によって飛距離は変わったのですが、 ポリピュアの方が強く押せば遠くとび、弱く押せば勢いは弱くなるという力の影響を受けやすかったです。 これなら自分の頭の形や面積に応じて微妙な力加減で液体量をコントロールできると思いました。

結論、発射力はポリピュアに軍配が上がりました。ただ、体感値的にはチャップアップもあまり感じなかったです。ということを付け加えておきますね。

費用面でポリピュアとチャップアップを比較する。

最後に費用についての比較です。
育毛剤は継続的に購入し続けるものなので、 ランニングコストとしてより低いものの方がもちろんいいですよね。 継続利用する際にかかる費用をチェックするという事で、初回購入から4ヶ月間利用までの費用を比較してみます。

チャップアップをを4ヶ月利用した際の費用からご紹介します。
チャップアップの初回購入費用は¥9,090で、2回目以降も¥9,090です。 4ヶ月利用ですと、¥9,090×4ヶ月分=¥36,360ですね。 ポリピュアを4ヶ月利用した際の費用は、 初回購入費用は¥6,800で、2回目以降も¥6,800なので1本で約2ヶ月持つのですが、 気になるところにプッシュしていくとおそらく4ヶ月で3回は購入したほうが万全の備えとなります。 多く見積もって4ヶ月利用で3本ですと、¥6,800+¥6,800+¥6,800=¥20,400ですね。 費用面でみると、チャップアップの6割ほどの費用でポリピュアを継続利用できるということですね。 チャップアップの方は毎月サプリメントがついてくるとはいえ、毎月¥2,290-の差はサラリーマンには大きいですよね。ポリピュアのほうが2-3割ほど安く続けていけると思います。

ポリピュアVSチャップアップではポリピュアに軍配があがる!

M-034を中心とした多数の育毛成分を配合しているチャップアップ。 ノズルも改良され塗布しやすく改良された育毛剤であることに間違いはないと思います。

ただ、医師の項目にあるようにどことなく信用ができない。。 育毛剤は成果が出るまで時間がかかり、さらに毎月1万円弱はかかってしまうことから、 信頼できないとやっぱり試すことはできないですよね。。 ポリピュアとチャップアップを比べても、 費用的にも、ノズルからでる発射力的にも、そして信頼的にも、わたしはポリピュアをおすすめします。