副作用で断念したリアップX5とポリピュアEXの比較

ポリピュアexの内容物一覧

毛が生える可能性のもっとも高い育毛剤といえばリアップでしょう。 育毛剤としては日本で唯一の第一類医薬品であります。

第一類医薬品とは、副作用の可能性はあるけれどもその発毛効果は国によって認められているものです。

「この副作用の可能性はあるけれども…」という所で、リアップ購入の二の足を踏むユーザーは非常に多いです。 薄毛ユーザーの願望としてはもちろん育毛剤を使って毛が生えてほしい!

けれども、副作用になってしまうと状況にもよりますが、皮膚は炎症し、激しい痒みや痛みが発生し現状よりもひどい状態になってしまいます。。

そういうワタシもリアップの断念を決めた1人。

人にもよりますが、高い費用を毎月かけて副作用になってしまえば元も子もないので、「副作用リスクを限りなく下げて、髪の毛が生える可能性を限りなくアップさせる」という考え方です。

いったいどちらが総合ポイントが高いのか。ということで、リアップとポリピュアについて比較してみました。

ミノキシジルは臨床試験を経た信頼性の高い成分だが…

リアップの主要成分は「ミノキシジル」です。効果だけを見れば最強育毛成分と言って過言ではありません。 副作用になる可能性は高いけど、副作用にならなければ髪の毛が生える可能性は飛躍的に高いという超攻撃型の成分といえます。

三国志で言う所の蜀の「張飛」という感じでしょうか。一騎当千の攻撃力はあるもののアルコールに弱く最後は酒に溺れて破れるという… 話が脱線しました。

ミノキシジルの育毛ロジックはパワフルそのものです。 ポリピュアのようにに体内にあるタンパク質FGFを活性化させるために、、、なんて、ちまちました考え方はありません。

ミノキシジルは頭皮の血管を無理くり拡張させることで血行を増加させ、新鮮な栄養を流し込み髪の毛を生やすということです! 単純で明快!髪の毛が生えるイメージはわかりやすいですね。

ただ、何度もお話している通り、リアップは副作用が発生します。 無理やり血管を広げるという効果が、頭だけではなく人体に悪影響を及ぼす可能性が高いということですね。

リアップの説明書にも副作用として、発疹、かゆみ、かぶれ、頭痛、めまい、胸痛、血圧低下、心拍数の増加、心筋梗塞の可能性があると明記されています。。怖すぎます。。心筋梗塞なんて普通に書かれていますが、死んでしまいますからね。。

この両面を見るとどちらに軍配があがるか?と言われると正直難しいですね。。

髪の毛が生える可能性は非常に高いけれども副作用が明確なミノキシジルか、髪の毛が生える可能性は劣るものの副作用の可能性は限りなく低いポリピュアのバイオポリリン酸か。

正直考え方にもよりますが、1%でも髪の毛が生える可能性を高めたいという方はミノキシジルを、副作用は限りなく0%に近く髪の毛が生える可能性が高いというバランスを考えるとバイオポリリン酸をおすすめ致します。

信頼性でポリピュアとリアップX5を比較する。

リアップは水谷豊のテレビCMでも叫ばれている通り日本で唯一の発毛剤と書いていいお墨付きがあります。国が毛が生えると認めている育毛剤ということですね。これ以上の信頼性はないと言い切れます!!

臨床試験もきっちりサイトに掲載されており、約5ヶ月の連続使用で薄くなった領域が新発毛により部分的に被われる中程度改善の割合が91.7%という実験結果がでており、7ヶ月の連続使用で薄くなった領域がほぼ完全に被われている著明改善の割合が61.7%となっております。

効果の信頼性という意味ではリアップの方が優るでしょう。

反面、ポリピュアは、最近、論文に発表できるくらいの人体を使った効果の比較試験を行っています。

ポリピュアexのリニューアルチラシ

4週間の試用で髪の太さが17.5%改善したことや、抜け毛の量の減少などの効果が証明できていますが、規模や精度という点ではリアップがまだまだ一つ優位ですね。

ただし、別の意味の信頼性=副作用として安全なのか?という意味では、安全な育毛剤ではない=信頼性は低いともいえます。。リアップの評価は本当に難しい。 何を求めるかでこちらの結果もドローかも…と思います。

費用面でポリピュアとリアップX5を比較する

費用については明確に判断できるので比較しやすいですね。 ポリピュアを4ヶ月利用した際の費用は、初回購入費用は¥6,800で、2回目以降も¥6,800なので1本で約2ヶ月持ちます。

気になる箇所を中心にプッシュ数を増やすと、おそらく4ヶ月で3回は購入することになります。(※私談) 4ヶ月利用で3本ですと、¥6,800+¥6,800+¥6,800=¥20,400ですね。

リアップは1ヶ月に1本の割合です。1回の利用分がノズルに溜まる仕組みになっているので、 1プッシュで多く使うことも少なく使うこともないので非常に計算がしやすいです。

1本が¥7,400ですので、4ヶ月で¥7,400×4ヶ月=¥29,600になります。 ポリピュアの方が毎月2300円づつ安いということですね。

実質ポリピュアの方が値段的には軍配はあがるのですが、ネット通販で買うとリアップも少し安く買える場合もありますし、これくらいの費用差ですとどちらを選んでも同じといえるでしょう。

ケースによって両方ともおすすめできる

ここまでこのポリピュアとリアップの比較記事をご覧いただいてなんとなくわかると思いますが、
「育毛剤に何を求めるか?」
で勝者はかわります。

「副作用なんか糞食らえ!髪の毛が生えればなんでもいい!」という人はリアップですし、 「金払って副作用なんて糞食らえ!副作用の可能性は限りなく低くて髪の毛が生える可能性が高い方がいい!」という人はポリピュアでしょう。

あくまでも個人的な意見としてですが、わたしはこのようにポリピュアで毛が生えました。 もちろん副作用にもかかっていません。

ポリピュア使用2ヶ月目と18ヶ月面における頭皮の状態の状態の変化
ポリピュア使用2ヶ月目と18ヶ月面における頭皮の状態の状態の変化

2ヶ月に1回定期で商品が届くので買い忘れはありませんし、使い心地が悪ければ、即返品できる45日間の全額保証制度もあります。

などなど、効果以外のいろいろな側面を考えると、ポリピュアのほうがリスクが限りなく低く試すことができます。

逆に 臨床試験の信頼性を重視する、リスクを考えず発毛だけをひたすら追い求めるならリアップ一択だと思います。

さらににいうと、ポリピュアは体内のFGFタンパク質に対してアプローチを行うため、素人考えで生えた毛はしっかり毛根に根付いてくれると思います。

リアップは無理やり血管を拡張しているので、使用をやめた時点で、血管も戻ってしまい、効果は継続される事はないでしょう。 健全な育毛という意味でポリピュアをおすすめできると思います。

実際ポリピュアがどのようなスペックなのか、実際に使ったワタシにどのような効果があったかについては、以下のページで紹介していますので、興味のある方はぜひごらんください。